マイクロファイバーのタオルについて

マイクロファイバーのタオルについて

ゴシゴシとこすらなくても水気が取れる……そんな特徴があるのがマイクロファイバー製品です。吸収力が強いですから洗った髪を早く乾かせるのでヘアケアにも取り入れたいです。今回は【マイクロファイバーのタオルについての情報】をご紹介しています。髪の毛を洗ったあとは、摩擦を防ぐためにもできるだけ早く乾かすほうが髪の毛にはやさしいのです。

ふわふわ・超吸水タオル
 
  • マイクロファイバーとは何?
 
極細繊維の化学繊維で汚れが面白くとれる「ふきん」や「バスマット」がすぐに乾くとかで商品化されています。ポリエステルやナイロン素材をメインにしています。すごく細い糸を使いながら独自の方法で捻ったり織ったりしています。綿よりも吸収力に優れているのです。汚れを取る力が強い特徴があります。また自然素材よりも化学繊維の方が乾燥力もあるので重宝しています。
 
  • マイクロファイバーのウイークポイントは?
 
商品の使用方法にも記載されていると思います。マイクロファイバーのタオルでお肌を擦ると傷つけてしまうことがあります。ポリエステルやナイロンよりも柔らかいものを擦ってしまうと傷になるから注意が必要です。
 
人のお肌は当然ですが傷になります。家具で使われている漆やワックスもポリエステルやナイロンよりも柔らかいですからゴシゴシと力を入れて擦ってしまうと剥げてしまうことになります。
 
マイクロファイバーは麻や綿よりも耐熱温度や耐久性も低いです。例えば乾燥機は高温になりますから使用できません。直射日光でも劣化しやすいです。日向に干してしまうと痛んでしまいますし、煮洗いやアイロン掛けも避けてください。
 
  • マイクロファイバータオルで髪の毛を乾かす場合のポイント
 
マイクロファイバータオルを使って水分を取るならば軽く押し当てるだけにしましょう。擦るのではなくて当てるようにするのが秘訣です。やさしく取り扱いをして髪の毛を傷つけないように注意してください。
 
  • マイクロファイバータオルの洗濯方法
 
洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れるといいでしょう。乾燥機は使わないで陰干しすることをお勧めします。マイクロファイバータオルは乾きやすい素材です。乾燥機をかけないでも苦になることはないでしょう。マイクロファイバータオルは上手に使うことで長く愛用できる商品です。
 
  • 綺麗な髪の毛をキープするためのタオルドライのポイント
 
マイクロファイバータオルの注意点はご紹介しましたが、一般的なタオルドライの注意点をまとめておきましょう。タオルで髪の毛を拭くことをタオルドライと呼ばれます。大きな注意点があるので覚えておきましょう。
 
1番目は「ゴシゴシと力を入れて拭かないこと」です。
マイクロファイバータオルと同じですが、普通のタオルでも言えます。早く乾かしたいといってもゴシゴシ擦ってはいけません。髪の毛への過度な摩擦はダメージに繋がってしまいヘアケアには大敵です。
 
2番目は「爪を立てて拭かないこと」です。
ほどよい刺激になるから良いと思っている人もいるでしょう。ですが、ついつい爪を立ててしまっている人も多いです。爪を立てるのはヘアケアにはNGです。髪の毛や頭皮を傷つけてしまっているかもしれません。
 
3番目は「長時間ゴシゴシ擦らないこと」です。
特にお風呂上がりにテレビを見ながらタオルドライをする習慣があればついつい長時間になってしまうこともあるのです。長時間タオルドライをしても髪の毛に負担をかけるだけですから特にマイクロファイバータオルの場合は注意してください。
 
  • タオルドライが髪の毛に与えるダメージや影響
 
間違ったタオルドライをすると髪の毛に多大なダメージを与えます。キーワードは「キューティクル」「摩擦」「水分」です。
 
髪の毛を洗ったあとの濡れた状態ではキューティクルが開いているのです。キューティクルの役割は水分を維持することです。髪の毛の1本1本の表皮にあたる角質と考えていただければいいでしょう。
 
お風呂上がりでキューティクルが開いている状態で水分を維持できないコンディションのときはとても刺激に弱いです。刺激に弱い濡れた髪の毛をタオルで強くゴシゴシこすると摩擦を与えてしまいキューティクルが壊れてしまいます。
 
一度壊れてしまったキューティクルは二度と再生しません。
ゴシゴシと強くこするタオルドライはキューティクルを痛めてしまい髪の毛をパサパサにしてしまうことです。
 
  • 濡れた髪の毛を拭くタオルはどういったものが良いのでしょうか?
 
タオル通販でも人気になっているのが「ふわふわタオル」や「超吸水タオル」です。正解は吸水性が高いタオルを使うことです。タオルならば何でも水分を吸ってくれるからではありません。
 
例えば新品のタオルをイメージしてください。身体の水分を拭き取ったあとの濡れたタオルはどうでしょう。いずれも吸収性は悪いです。ではどういった点に注意すればいいでしょうか?
 
1番目は「タオルの種類を選ぶこと」です。
おすすめはマイクロファイバー素材のタオルです。繊維のひとつひとつが極細に作られています。綿と同様かそれ以上の吸水性があるので人気の商品になっています。
 
市販されているマイクロファイバータオルには摩擦低減効果がある商品もありますし、水泳用に使用されているセームタオルも吸水性が高いです。セームタオルは薄いスポンジ状をしていて肌や髪の毛に押しつけて水分を吸収させる使い方をします。
 
2番目は「素材を選ぶこと」です。
上記のマイクロファイバータオルやセームタオル以外にもあります。綿100%や竹・麻などの天然素材は吸水性に優れていますからお勧めです。
 
3番目は「使い方に注意をすること」です。
髪の毛を乾かすためのタオルの吸水性を維持するには使い方にもこだわりましょう。お風呂上がりにまず身体を拭いてから、そのあとタオルで髪の毛を拭くという生活習慣がある人はNG行為です。
 
最初に髪の毛を拭くように修正してください。または身体用とは別に髪の毛のタオルドライ専用のタオルを準備しておくと良いでしょう。
 
  • 正しいタオルドライの方法を説明しよう!
 
美しい髪の毛になるのか、髪の毛にダメージを与えるのかは毎日のタオルドライにかかっていると言い切ってもいいでしょう。
ポイントは(1)頭皮をやさしく拭くこと(2)髪の毛の毛先をパンパンすることです。では詳しくみてゆきましょう。
 
1番目は「頭皮をやさしく拭くこと」です。
タオルを使って頭をわさわさして拭くのはNG行為です。大きめのタオルを用意して頭全体を包み込みます。指の柔らかい腹の部分を使って頭皮をマッサージするようなイメージでやさしく拭くことがポイントです。強さ加減はゴシゴシではなくてもみもみという具合です。イメージ的には拭くというよりもタオルに水分を吸収させる感じです。
 
2番目は「髪の毛の毛先をパンパンすること」です。
パンパンという表現をしましたが力一杯たたかないようにしてください。やさしく水分を吸収させるようにしましょう。ぎゅっと絞ることも避けてください。
 
これら二つをすることによって髪の毛や頭の水分はびっくりするほどなくなってくれます。正しいタオルドライをすることによって髪の毛のキューティクルを痛めることはなくなります。
 
あなたはどのようなタオルドライをしていますか?わさわさとタオルドライをしているならば、これを機会に正しいタオルドライにチャレンジしてみましょう。それが綺麗な髪の毛を手に入れるヘアケアの第一歩となるでしょう。
 
マイクロファイバータオル 通販